スポンサーサイト

  • 2014.01.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Gianni Cazzola Trio / Abstraction

    • 2008.04.08 Tuesday
    • 13:45
    AbstractionAbstraction
    Gianni Cazzola Trio
    Rearward / Schema
    (1969/11/27)

    試聴

    イタリアのジャズドラマー、ジャンニ・カッツォーラが1969年にミラノで録音した初のリーダー作。
    続きを読む >>

    Tord Gustavsen Trio / The Ground

    • 2008.02.23 Saturday
    • 02:47
    Tord Gustavsen Trio
    Universal
    (2005-04-05)

    試聴

    ECMよりリリース(05年)の、ノルウェー出身トルド・グスタフセン・トリオの2ndアルバムは、“静謐”という言葉がまさにふさわしい抑制された演奏で、聴く程にじわじわと身体に沁み込んでくる。

    いちばん初めに聴いたときはあまりの静謐ぶりに音が微かにしか聴こえず、あわててステレオのボリュームをひねったのだけれども、それでも鳴ってるんだか鳴ってないんだか分からない、気がついたら再生が終わっておりいつの間にか布団に入って気がついたら次の日だった、ってのは大袈裟だけれども、とにかくまあ地味。と思っていた。
    続きを読む >>

    Mitchell Froom / A Thousand Days

    • 2008.01.27 Sunday
    • 00:19
    ミッチェル・フルーム
    オーマガトキ
    (2005-06-22)

    試聴 試聴

    スザンヌ・ヴェガやロス・ロボスなどのプロデュースで知られるミッチェル・フルームによる6年ぶりのソロ3作目は、意外にもシンプルなピアノ・ソロ。これまでの数々のプロデュース・ワークや前作までのソロで見られた遊び心は一切顔を出さず、ただひたすら美しいメロディを奏でる2〜3分程度の佳曲が淡々と続く。
    続きを読む >>

    Keith Jarrett / Radiance

    • 2005.03.23 Wednesday
    • 10:39
    キース・ジャレット
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    (2005-04-27)

    試聴 試聴

    久しぶりの更新。だいぶ間があいてしまいすみません。
    個人的な事ですが、引越しまして生活環境が激変しました。
    音楽の聴き方もちょっと変わってくるかもしれません。

    新居住からのレビュー1発目は、本日Amazonから届いたキース・ジャレット。2002年に行なわれた日本ソロ・ツアーから収録した2枚組ピアノ・ソロ・ライヴ盤です。透き通るように美しい旋律と、幾分アーティスティックでフリーキーな演奏と、どちらも楽しめる。僕はピアニストの中でもキースがいちばん好き。この人はホント天才ですね。イントロの一音だけでノックアウトされてしまう程に、鍵盤を叩く一音一音の波動がとてつもない純度を誇っていると思います。感情・知性・欲望、それらを全て内包しながら、それらを全て超越している者だけが持ち得る美しさ。ジャケットのように、光の粒子がヒラヒラと降ってくるようなイメージ。
    続きを読む >>

    Keith Jarrett / The Melody At Night, With You

    • 2005.03.17 Thursday
    • 12:00
    試聴

    断言します。綺麗なピアノの音が聴きたくてこのCDを買った人は、絶対に失望する事はありません。ECMよりキース・ジャレットのスタンダード・ソロ・ピアノ(99年)。

    本作は、慢性疲労症候群という病気のために活動を休止していたキースが、療養中に自宅のスタジオで録音したソロ・ピアノ集。ピアノひとつで、自宅にて制作されたという事が感じられるような、とてもリラックスした静かで穏やかな作品。一音一音を慈しむように弾かれるピアノが本当に美しい。いったいこのキース・ジャレットという人はどうしてこんなに琴線に触れるフレーズを奏でることができるのでしょうか。とてつもなくシンプルな演奏なのに、こんなにも豊かな表情を見せてくれるのでしょうか。
    続きを読む >>

    Combo Piano / Ribbon

    • 2004.11.28 Sunday
    • 08:59
    COMBO PIANO
    ewe records
    (2004-11-24)

    試聴

    コンボ・ピアノこと渡辺琢磨の新作。前作「AGATHA」はラテン、ジャズを飲み込んだ現代音楽といった趣でしたが、今回はもっとずっとシンプルで聴きやすい作品です。ピアノとストリングス、それとちょっとのエレクトロニカ。
    続きを読む >>

    categories

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM