スポンサーサイト

  • 2014.01.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    sighboat / sighboat

    • 2005.04.09 Saturday
    • 11:46
    内田也哉子,Brian Eno
    イーストワークスエンタテインメント
    (2005-03-23)

    試聴

    内田也哉子、渡邊琢磨(COMBO PIANO)、鈴木正人(リトル・クリーチャーズ)によるプロジェクト、サイボートのデビュー盤。コンボ・ピアノに並々ならぬ才能を感じている僕の期待に、これは見事に応えてくれた作品です。ジャズ〜ポストロックを通過した大人のアーバン・ポップ。

    内田也哉子のうたは思いのほか穏やかでやわらかく、全体的に音数も少なめで体温低めの風通しの良いテイスト。すなわち非常に聴きやすいものですが、この音の鳴り方は、抜群のセンスと技術に裏打ちされたもの。それが嫌味無くさらりと鳴っているのです。
    適度にアーティスティックであり、適度にポップであり、うたごころがあり。まさに今聴きたいタイプの音楽なのでした。今年のベスト10入り決定。

    ゲストとしてASA-CHANG、外山明、青柳拓次が参加。
    ブライアン・イーノのカバー曲もあり。

    band:
    内田也哉子(Vo)
    渡邊琢磨(Pf,B,G,Prg)
    鈴木正人(B,G,Prog)

    Tracklist:
    1. Ice Cream
    2. Liquid
    3. Miror Miror
    4. Longing
    5. Sleep
    6. Tree
    7. By This River
    8. Zoe & Aigie

    Profile:
    sighboat
    sighboat [サイボート]
    作詞とヴォーカルを担当する内田也哉子、作曲と演奏を担当する渡邊琢磨a.k.a.コンボピアノ、鈴木正人からなるユニット。2004年12月25日にLIQUIDROOM恵比寿でおこなわれたイベント“KOOLHAUZ OF JAZZ”で初御披露目をした。(eweより)

    関連:
    sigh boatインタビュー:bounce.com
    内田也哉子のコメント:ewe

    ブログ内検索:sighboat

    スポンサーサイト

    • 2014.01.14 Tuesday
    • 11:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは。
      以前スーパーカーでコメントさせていただきました。
      あれ以来、ちょこちょことこのブログを拝見してCDを買い求めております。いつも参考にさせてもらってます!

      今回のこのsighboat即購入になりそうです。
      内田さんの声って想像以上にセクシーで驚きました。
      毎日毎日地獄の忙しさなので、心のオアシス的音楽を今後もどんどん紹介してください。

      では。
      • ume
      • 2008/01/19 11:48 AM
      これは本当に素敵だよね〜。期待通りの相乗効果。聞いた瞬間に時間軸がなくなるような広がりを感じました。
      • リョコ
      • 2008/01/19 11:48 AM
      >umeさん
      おお、それはありがとうございます!
      そのようなレスポンスを頂けると非常にうれしいです。
      今後とも何卒ご贔屓に…。

      ウン、内田さんの声すてきですよね。
      このアルバムもともと内田さんのソロとして制作されたそうで、
      彼女の魅力がとてもよく出ている作品だと思います。


      >リョコ
      うん、久々にガッツリ来ました。教えてくれてありがと。
      • 山やま
      • 2008/01/19 11:48 AM
      TBありがとうございます。
      sigh boatのアルバム、本当に素敵ですよね。内田也哉子さんの声は本当に美しく優しいです。彼女の感覚は素晴らしいですね。
      たしか絵本の翻訳もしていましたよね??同じ女性として(そして同い年ということもあり)尊敬するところがたくさんある人です。
      私もここ最近聴いた作品の中でもかなり上位を占めることになりましたよ。こちらは音楽のことがたくさん書かれているようなのでとっても興味深いです。またちょくちょく覗かせて頂きますね!
      • 2008/01/19 11:49 AM
      典さんコメントありがとうございます。
      実は僕は内田也哉子さんのこと殆ど知らなくて、声も今回はじめて聞きました。魅力的なオーラを持った方ですよね。機会があれば絵本も読んでみたいです。
      • 山やま
      • 2008/01/19 11:49 AM
      はじめまして。TBさせていただきました。

      ほんの少し視聴しただけですけど、
      渋めのバーで、のんびりお酒かたむけながら飲みたい音楽だと思いました。

      色々と音楽の好みがかぶっているようなので
      またお邪魔させていただきますね。
      TBからおじゃまします、こんばんは。渡邊琢磨の活動おもしろいですよね。ネットの試聴で食指が伸びる方もいるようですし、個人的にはもうちょっと長めに聴かせて欲しいなあなんて思ってしまいます。
      • isago
      • 2008/01/19 11:50 AM
      こんばんわ。初めてTBしました。私もこのsighboatにはまりまくっています。昨年のクリスマスイブに恵比寿リキッドルームで初めてsighboatのライブを観てから,CDが出るのを心待ちにしていました。特にzoe&angie が好きです。内田さんの言葉の並べ方には目からうろこ。言葉と自由に遊ぶことのできる貴重な人だと思いました。ライブ、観たいですね。。
      そんな素敵な情報があったら是非どなたか。。。 余談ですが、絵本も素敵です。何気に注目の女性ですね。
      • サユリ
      • 2008/01/19 11:50 AM
      はじめまして
      sighboat ばなしでオジャマしました。
      とっても低音の心地よいサウンドがたまらない作品です。
      アダルトな雰囲気が滲み出ていますが
      イヤラシくなく、自然で大人のカッコ良さ、シブさを感じます。
      ホント素晴らしい作品ですね。
      ではでは
      トラックバック・コメントありがとうございました。
      LittleCreaturesのメンバー青柳氏、栗原氏が他のユニットも平行して活動を続ける中、鈴木氏だけは「プレイヤー・プロデューサーとしては外でも活動するけど、所属するのはLittleCreaturesだけ。それだけLittleCreaturesは魅力的。」と言っていた記憶があります。
      そんな鈴木氏が組んだSighboatは彼にとって同じくらい魅力的なグループなんでしょうね。
      リスナーからしても魅力的です。素敵ですよね。
      • NPK
      • 2008/01/19 11:52 AM
      はじめまして。
      先日、space shower TVに、sighboatの内田也哉子さん、渡邊琢磨さんが出演してました。ライブ映像の他トークもありましたが、内田さんの丁寧な受け答えと、渡邊さんの心ここに在らず、といった眠そうな表情が印象的でした。鈴木正人さんは欠席だったみたいです。不思議な3人の素敵な音楽ですよね。
      • cy-tone
      • 2008/01/19 11:52 AM
      みなさまコメントありがとうございます。
      こんなに沢山のコメントを頂けるくらいに
      sighboatって素敵なバンドだと思います。
      • 山やま
      • 2008/01/19 11:53 AM
      琢磨さんも素晴らしいのですが 也哉子さんの魅力で コメント続々〜山やまさんのセンスのおかげもあって。以前は検索しても 中々会えず寂しいものでしたので、嬉しいで〜す。
       昨夜 たまたまヒットしたので書き込んでみます。コピーしていないので詳しいことは調べて見て下さい。売り出し開始されてました。 
      12/10渋谷duo にてサイボート出演。
      SPULUCK PRESENTS "a+”
      渋谷イースト、ウェストという会場と関係があるみたいなんですが。
       琢磨さんは 以前インタビュウが まとめられて 誤解を招く内容に変っていたと怒っていた事があり 也哉子さんも慎重な方みたいで トークが弾まないのも ありなのかもしれません。シャイな部分 それ 含めて魅力ということで。。。。
      • material
      • 2008/01/19 11:53 AM
      materialさん、毎度貴重なコメントありがとうございます。
      おかげさまでこの素人レビューブログの充実度が増していきます。
      コマーシャルが苦手な人たちなのですね。でもネットなり何なりで
      口コミで広がっていく人気っていうのは良いと思います。
      このブログもそんな一助になればと思い、続けています。
      • 山やま
      • 2008/01/19 11:54 AM
      25日書き込みしたものです。サイボートの近々のスケジュールですが、確認を取らず 山やまさんと皆さんに御迷惑おかけして、本当にご免なさい。検索しなおしたところ

      Rallye presents『Rallye Cloak -Au Revoir Simone+Montag JapanTour』
      Au Revoir Simone/Montag/
      Sighboat(渡邊琢磨+鈴木正人+内田也哉子)/Spangle Call Lilli Line
      開場19:00/開演19:30 ● 前売¥3.300/当日¥3.800● ドリンク別
      TICKET ● O-nest・ローソン
      more info:http://www.rallye-kanazawa.com/
      渋谷0−NEST 11月7日でした。以上よろしくお願い致します。
      • material
      • 2008/01/19 11:54 AM
      今晩は。前回ミステイクをし気になっていたのですが、ご迷惑はかからなかったでしょうか。
      ・・・・今日は、偶数月20日に出るタワレコのジャズ・クラシック販促誌イントキシケイト(58号)からの抜粋です。 ジャズ好きの他に、コンボピアノの情報を得たいので やっと出向いて手に入れた介が有りました。
       ・・・、49頁「アンダース・エドストローム」(写真家)というインタビュウ記事を見つけました。長いのではしょりますが、終盤にこんな文が有ります。
      「〜作品を始めて観た夜、ぼくは、コカインを吸引したジャンキーのようになり、興奮し覚醒し、一晩中ギターを掻き鳴らし、アルコールを摂取し続けた。〜ドラッグ、ゲイカルチャー、音楽、ユースカルチャーなどをモチーフにした写真家が台頭する中、自分の日常性、身近な現実を知覚し熟成させていくアンダース・エドストロームのストイックな姿勢は、現代のフォトアートの世界にあって、大変稀有なものである。しかし・・・・アンダースは大袈裟な表現を好まないし、いつも自然体。自分がハッ!とする瞬間が訪れるまで、シャッターは切らない。〜」
      <覚醒><知覚>><ストイック>私には御本人とかぶる気がして 勝手にメッセージだと思う事にしました(笑)。サイボートというプレゼントを堪能しつつ、熟成される時を待とうと。
      • material
      • 2008/01/19 11:54 AM
      辺境のブログですので、そんな気になさらずに。

      アンダース・エドストロームという方の写真は見た事がないのですが、僕の好きな写真家、土門拳も似たような事言ってたのを思い出しました。レンズの前で自己というものが極限まで小さくなったときに良い写真が撮れるのだ、と。「いかにも」狙いましたという収まりの良い写真はつまらない、と。イサム・ノグチも合通じる事を言っていて、道を極める人が行き着く所は一緒なのだと思います。
      • 山やま
      • 2008/01/19 12:00 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      categories

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM