スポンサーサイト

  • 2014.01.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Benny Sings / at Home

    • 2007.06.10 Sunday
    • 10:36
    Benny Sings
    Sonar Kollektiv/Illicity
    (2008-02-19)

    試聴

    へ〜、ソナコレってこんなのも出してたんだ。
    というのが第一印象。

    ソナコレことソナー・コレクティブといえば、Jazzanova主宰の人気レーベルですが、このベニー・シングスというアーティストは、ソナコレに対する印象を変えてくれました。と言ってもそんなに詳しくはないので、ソナコレ=クラブジャズ系の小洒落たレーベルといった程度の認識しかなかったわけですが。Ameのコンピ盤もソナコレだったかな。テクノも視野に入れつつ、基本的にはやっぱブロークンビーツというかジャザノヴァの印象が強いじゃないですか。ところが、このベニ−・シングスさんときたら、何ですか。どポップなうたものじゃないですか。キャッチーでキラキラじゃないですか。
    これがソナコレから出てるって事実に嬉しくなりましたよわたしは。時代の流れなんでしょうか。ジャザノヴァもデビュー往時の先鋭性は鳴りを潜め、ブロークンビーツなんつってほとんどうたものソウルですもんね。わたしも代わり映えのしないクラブジャズには辟易しており、平淡にしか感じなくなってしまったものですから、こうやって「うた」を打ち出してくるあたりに嬉しくなっちゃいました。歳のせいなんでしょうか。

    Tracklist:
    1. Coconut
    2. For Your Love
    3. Let Me In
    4. Feather
    5. We'll Make Lovesongs
    6. Blackberry Street
    7. Over My Head
    8. Overnight
    9. All I'm Good For
    10. I Can't Help Myself

    Profile:

    BENNY SINGS [ベニー シングス]
    1977年にオランダのドルドレヒトで生まれる。ファースト・アルバム『Champagne People』を2003年にリリース。評論家の間でかなり話題となり、様々なフェスティヴァルからオファーが殺到。そしてオランダのエッセント・アワードの新人賞を翌年受賞。2005年にセカンド・アルバム『I Love You Benny Sings Live at the Bimhuis』がジャザノヴァ運営のレーベル、ソナー・コレクティヴより全世界発売される。因みにアーティスト名のベニー・シングスは、本名“Tim Van Berkestyn”のアナグラム。(musicshelfより抜粋)

    関連:
    オフィシャル
    Myspace

    ブログ内検索:Benny Sings

    スポンサーサイト

    • 2014.01.14 Tuesday
    • 10:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      categories

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM