スポンサーサイト

  • 2014.01.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    くるり / everybody feels the same

    • 2012.09.06 Thursday
    • 10:31


    きたきたきたきたきたよこれ。
    新メンバーが加入し4人編成となって初のリリースとなる新曲。めちゃかっこいい。
    このPVを見ていると、くるりにもいよいよ「色気」が加わったとわくわくしてきます。もちろん女性メンバーが加入したということもあるだろうけど、単にそれだけじゃなくて、こうして躍動するおっさんたちに大人の色気みたいなのを感じちゃうわけです。それが相乗効果ってやつなんだろうけど、なんて楽しそうなんだこいつらは、っていう。「色気」っていうか「色味」っていうか。生きるってこんなに色鮮やかなことなんだなあと嬉しくなる。

    個人的な好みの話になるけど、ぼくは『TEAM ROCK』〜『THE WORLD IS MINE』の頃のくるりが好きで、それはいまも変わってない。いまその頃の曲を聴くと、若さゆえの感受性がセンチメンタルなメロディに乗って押し寄せるノスタルジーにぐっと来ちゃう。「ワンダーフォーゲル」とか、いま聴いても胸キュンですよ。これって若いがゆえの同世代バンドへの共感であったし、郷愁だと思います。

    その後のくるりは、いい曲なんだけれども、どこか「枯れて」いるような感じがして、あまり聴き込むまでに至らないことが多くなりました。特にアルバム単位で聴けなくなったのが、自分にとってはどこか違和感があって、なんでなんだろうなあと思いつつ。


    で、この新曲。痺れるような疾走感には『TEAM ROCK』の頃のロックンロールを連想するけれども、やっぱりそれとも全然違う。なんたってもう若くないから。大人になってだいぶまるくなったわけすよ、彼らも、ぼくらも。余裕だって出てくるわけで、そういう懐の深さが最初に書いた大人の色気みたいなのにつながるのかもしれませんが、でもそれだけじゃない。
    ここでの躍動する彼らには、なんというか、湿り気がある。いや、湿っぽいというニュアンスじゃなくて、フレッシュという感じの。フレッシュなんだけど、若さゆえのフレッシュとはまた違う湿り気。なんだろうこれ。この自己肯定感と突きぬけ感はいままでのくるりには無かったと思う。てっきり枯れていくのかと思っていたら、思いきり色とりどりの「色味」を見せてくれたっていう。いや、衣装のことじゃなくて。


    以下、歌詞より。言っとくけど解釈はぜんぶ妄想です。

    お願いRadio From U.K. Oasis Blur Supergrass Happy Mondays
    胸は躍る 目には涙 夢は続く くり返す
    振り返ればお月様


    いいですね。90年代のUKロックが持っていたキラキラの高揚感を思い出します。怖いものなんてなくて(逆か?)、前方には楽しいことしか待ってないんだぜという根拠のない自信があったりして。そんなロック少年もいまでは、

    角栄が作った上越新幹線に乗って
    スピーディー(SPEEDI)なタイムマシンは新潟へ向かう
    2012年の冬 悲しみは吹雪の向こうから
    手をとる夜 灯をともす 風が動く
    未来まで溶けない雪の白さ 手を貸してみろよ


    おっさんじゃないですか。角栄とかSPEEDIとか視点がもうおっさんですよ。場末の居酒屋で酌を交わしながら、新聞を賑わす暗いニュースに眉をひそめるおっさんの姿が目に浮かびます。世の中のことがいろいろと分かってきて、シニカルにものごとを眺めたり、自分にはどうしようもできないことってのがあるという現実を知ったりして。愚痴を言ったり、せいぜい肩を寄せ合うくらいしかできないけれど。
    それでも、おっさんは歌います。踊ります。

    背中に虹を感じて 進め(走れ) 泳げ(もがけ) 進め 進め


    うう。
    人生の暗い面を知ったおっさんが、生きることの色鮮やかさを歌い、そして自らが色とりどりの虹となって踊る。もがく。これは同世代のおっさんにとっては、キますよ。

    というわけで、かつてサブカル系を行ったり来たりして、音楽がキラキラと輝いて見えていたオタクも、いまは2人の子を持つ36歳のおっさんになったわけですが、そんなぼくにとって、新生くるりのこの曲は、まるでむかしといまを繋ぐかのように、とても楽しくて、かなり泣ける4分間になりました。


    追記:
    後で知りましたが、今回の作詞は岸田繁じゃなくて、くるり名義なのだそうです。ああだからこんなに色とりどりで風通しがよくて「広がって」いるんだなあと、やけに感心しました、はい。


    新生くるりのニューシングル、8月1日リリースです。初回限定盤には、レコーディングドキュメンタリー及びライブ映像が収録されたDVDが付属するらしいです。


    くるり
    ビクターエンタテインメント
    発売日:2012-08-01



    さらに、ニュー・アルバムもリリース!
    「everybody feels the same」を含む全19曲を収録した、10thアルバムはこちら。


    くるり
    ビクターエンタテインメント
    発売日:2012-09-19



    スポンサーサイト

    • 2014.01.14 Tuesday
    • 10:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      categories

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM